シン・エヴァンゲリオンについて

Amazon Prime Video でシン・エヴァンゲリオンの配信が始まった。

見た感想としては個人的には、「謎」な部分も多かったけど

面白かったし、終わり方もよかったなと思った。

では、「何がよかったのか?」

それは、最後の最後のエンド場面がポジティブな終わり方だったことだ。

今まで、エヴァンゲリオンのアニメ版もその他、映画版も、

シン以外は全て終わり方は胸糞まではいかないまでも、

ネガティブな感じの終わり方だったから、シンの終わり方は

新鮮だった。そこが「良かった」点。

では「何が面白かったのか?」

それは、個人的には出てくるエヴァの武器、兵器や、機械のギミックなどが

今まで以上に目新しくて、アクションやモーションがカッコよかった点。

 さらに、シンを見た後にAmazon prime video で

シン・エヴァンゲリオンの作成~完成そして上映に至るまでの

ドキュメンタリー番組をみつけたのでみた。

この番組ではエヴァの生みの親である庵野監督を主に追ったドキュメンタリー番組だったが、

これを見てより一層シン・エヴァンゲリオンの内容が感慨深いものになった。

是非、シンを見た方はこのドキュメンタリー番組も見ることを強くお勧めする。

エヴァが流行ったのは、テレビ版の初めての再放送だったけど、その時僕は

14歳。今までに見たことのないアニメの内容でハマった。

結構周りの友人とかも見てて、エヴァについて談義してたよ。あそこまで複雑な家庭環境

とかではないから感情移入まではいかないけど中2心は非常にくすぐられた(笑)

だから、そんな青春の一ページのエヴァが終わるのは寂しい。でも完結したことはうれしい。

さよなら。全てのエヴァンゲリオン。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました